胡蝶蘭を使う

2017-05-17 未分類
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

お祝いの品を贈る際は、どんなものを贈るか慎重に選ぶ必要があります。花は様々な場面で贈り物として活躍しますが、中にはお祝いの席にそぐわない花もあるので、使いどころを考慮して選ぶ必要があります。胡蝶蘭はお祝いに贈る花として人気が高い花の一つで、ギフトを贈っている花屋でも、胡蝶蘭を使ったプランは人気が高いです。胡蝶蘭を利用してお祝いをより華やかなものにしましょう。

胡蝶蘭が使われるのには色々な理由があります。例えば花言葉が「幸運が飛んでくる」という縁起の良いもので、花の咲き方の縦に連なる様子から、反映や安定などのシンボルとして昔から愛されてきたことも、大きな要因とされています。また花の寿命が長く、花束などとして使われた胡蝶蘭も、水を与えて花瓶に挿しておけばしばらくの間は花を保つことが出来るので、長く良い機運が続くようにという願いもこめることが出来ます。

胡蝶蘭を使う際は、どういうお祝いに贈るかきちんと考えておきましょう。どんな場面でも使えるといわれていますが、法要など少々ネガティブな場面で使うときは、白以外の胡蝶蘭の使用は避けるのが無難です。胡蝶蘭が活躍する場面といえば、お店の開業祝や就任祝い、イベントの開催記念など、基本的には明るい席に贈られるものです。さらに贈った花を置くスペースがあるかどうか考慮しておくと、贈られた側が置く場所に困らないので、大きさなども考えた上で贈るようにしましょう。